雇用の話題を日々更新中です!

障害者雇用のためのジョブコーチ

ジョブコーチが障害者雇用のために必要な役割というのは、障害のある人の能力と特性、企業の業種や規模によって変わり、ジョブコーチの力量によってもケースバイケースで変わります。
まずは障害にある人の支援として心理的なサポートがあります。
障害のある人は就職してからしばらくは新しい環境の中で不安や緊張感を抱いているので、いつでも見守って助けてくれる人がいるのは大きな安心感となります。
しかし、心理的なサポートを意識しすぎてしまうと保護的になり過ぎて自然なサポートができなくなってしまいます。
ジョブコーチはいずれフェイドアウトしていくことになるので、障害のある人がジョブコーチに依存をしすぎないように頼り過ぎないようにして適度な距離感を保つようにしましょう。
そして、ジョブコーチは障害のある人に仕事を教えることになります。
多くの規模が小さく人手に余裕がない職場などは直接仕事を教えるということは重要な役割です。
そのような時は効率的に教えるようにして早く自立ができるようにすることを目的にします。
ジョブコーチの技術として必要なのは、わかりやすく教えることができる技術です。
仕事をする時に必要なのは技術だけでなくルールやマナーがあります。
このような言葉遣いや態度、コミュニケーション、休憩時間はどのように過ごすかもジョブコーチでは必要になります。
職場で働いている人は仕事を教えることは慣れていたとしてもルールやマナーを教えることは戸惑いを感じることがあるので、なるべく初期に職場にはどのようなルールやマナーが存在してるのか集中して教えるようにしましょう。
次に、企業を支援する場合はナチュラルサポートの形成です。
ジョブコーチが直接すべてのことを指導するのではなく、障害のある人と関わる役割を従業員に移していくことが必要になります。
双方が満足できるようにバランスよく目配りができるようにして、障害者と企業の橋渡しができるようになりましょう。